金額や通過率に違いあり、おまとめローン

複数の業者からキャッシングしている場合、一つの業者にまとめてローンを組むことで支払いの利息を減らすことができます。消費者金融や銀行はそういった人向けにおまとめローンというサービスを提供しています。

 

ただ一口におまとめローンと言っても各消費者金融、銀行によって金利や借入限度額、審査通過率が異なります。消費者金融の場合おまとめローンの借入限度額は300万円程度ですが、銀行の場合最大1000万円に定めている銀行もあります。

 

消費者金融と銀行の審査について

一般に消費者金融の方が審査に通過しやすいとされています。しかし審査に通過しやすいからといって、審査が甘いというわけではありません。

 

ただ、公表されている審査通過率などを見比べると消費者金融が平均40~45%であるのに対し、銀行は20~30%というデータがありますので、消費者金融の方がおまとめローンの審査に通過しやすいと言えるでしょう。これは「月刊消費者信用」という業界紙が公表しているデータです。

 

消費者金融と銀行の借入限度額

借入限度額については、アコムやプロミスなど大手消費者金融は大体300万円が限度になっています。また消費者金融の場合は、おまとめローンは通常のカードローンと違い借り換え専用のローンが用意されており、追加の借り入れなどはできないタイプのものが多くなっています。

 

一方銀行のカードローンはおまとめ専用のローンではなく、使用目的自由のローンでおまとめも出来るというタイプのものがメインになります。限度額も三菱東京UFJ銀行は500万円、三井住友銀行は1000万円と消費者金融より多めに設定されています。

 

借入限度額と金利について

借入限度額は多い方がよいわけではなく、その人がいくら多重債務を抱えているかによって異なります。借入総額が300万円を超えている場合、消費者金融のおまとめローンではまとめきれません、しかし300万円未満の場合は消費者金融で対応てきます。

 

この時に注意しなければならないのは借入金額によって、返済の金利が異なることです。おまとめローンを利用する場合、消費者金融は大体15~18%、銀行で14~15%程度の金利となります。消費者金融で100万円未満のおまとめをする場合金利18.0%が適用されるので、ショッピングや自動車ローンを借り換えすると金利が高くなってしまう場合があります。

 

おまとめローンを利用した方がよいケースというのは、複数の消費者金融で借り入れている金額が300万円を超えている場合です。300万円以上の借入がある場合、消費者金融での金利は15%程度になります。銀行も14%程度まで金利が下がりますのでまとめた方がお得になります。

 

後は審査しだい

通常のカードローンでも同じことですが、借入限度額が大きいからと言って全員が限度額いっぱいまで借り入れできるわけではありません。申込者の個人信用情報によっては限度額が低く設定されたり、審査に通過しないこともあります。
そもそもおまとめローン自体が、複数社から借入をしている人に対して大金を貸すリスクの高い性質をもつものなので、積極的に消費者金融や銀行は宣伝しません。特に銀行はおまとめローン専用の商品を扱っているわけではないので、申込先に資金使途をしっかり説明しておく必要があります。

 

銀行の方が低金利ではありますが、その分審査も厳しくなりますので、借入金額が300万円までの人ならば消費者金融のおまとめローン専用のコースを利用した方がより確実に早く債務の一本化ができます。ただ銀行はすべておまとめローンを勧めていないかというとそうではなく、楽天銀行やオリックス銀行、東京スター銀行などはおまとめローンに積極的です。

 

特に楽天銀行は利用すると楽天で使えるポイントがもらえたりかなり使用を積極的に進めています。まずはご自分の、債務金額がいくらになっているかを計算し、その合計金額によって消費者金融を選ぶべきか、銀行を選ぶべきか考えてみるようにするとよいでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日