総量規制は銀行には適用されません

総額で年収の1/3までしか借り入れを行うことができないという総量規制は、銀行のカードローンには適用されません。そのため、既に消費者金融から総量規制の限界まで借り入れを行っている場合でも、銀行のカードローンを利用することができます。

 

ですがその借り入れたお金は必ず他社への返済のために利用することです。おまとめローンとして借り入れを行った場合、その額が高額になるため、つい返済以外に使ってしまうことがあります。数社から借り入れがあった場合、比較的少額の1社だけはそのままにしておいて、その返済のための金額を違うことに使ってしまうことが少なくありません。

 

銀行のカードローンは消費者金融の対象外です

そもそも総量規制とは、2010年に改正された貸金業法で定められたものです。この貸金業法とは消費者金融や信販系の会社など、貸金業者として登録している会社に対して適用されるものなので、銀行自体がその対象に入っていません。よって銀行からの借り入れには総量規制は適用されないのです。

 

おまとめローンは大手の消費者金融でも提供していますが、この場合はおまとめローン専用の場合に限り、総量規制の対象外となります。これは借り手が一方的に有利になる借り入れに対しては総量規制は適用されないという決まりがあるためです。

 

銀行のカードローンはおまとめローン専用ではありませんが、おまとめローンとして利用できる限度額のあるカードローンが多くあります。銀行ではカードローン自体に総量規制が適用されないため、それを利用しておまとめローンとして利用することができるのです。

 

借り入れは必ず返済に使いましょう

冒頭でも書きましたが、おまとめローンとして借り入れを行ったお金は必ず返済のために使ってください。少額の借り入れだけはそのままにして他のことに使ってしまうようなことは、決してやってはいけません。その使ったお金がギャンブルのためだった場合は最悪です。

 

おまとめローンを組むほど借り入れを行った人は、その負けを取り戻すためにまた新たな借り入れを行ってしまう可能性が高いといえます。それによって更に借り入れ総額が膨らんでしまい、これでは何のためにおまとめローンとして借り入れを行ったのか分からなくなってしまいます。

 

おまとめローンは借り入れの完済を目指すためのローンです。これは銀行のカードローンをそのために利用した場合でも同様です。借り入れ目的をおまとめローンのためとした場合、そのお金でそれまでの借り入れ先に返済を行っていないと分かってしまうと、場合によっては一括で全額返済を求められることがあります。きちんと返済に使用したかどうかは信用情報を見れば一目で分かります。そのようなことがないように注意してください。

 

銀行のおまとめローンで借りられる金額は?

これは申し込みを行った人の収入や信用情報次第なので、一概にはいえません。場合によってはおまとめローンのためとして申し込みを行っても、借り入れ全ては完済できない金額までしか借り入れを行えない可能性があります。ですが全てを完済しなくても、借り入れ先を減らすことはとても大事だといえます。

 

一本化できるに越したことはありませんが、借り入れ先を減らすことで返済の管理がそれまでより楽になったり、振り込みで返済を行っていた場合はその振り込みの際に掛かる手数料を減らすことができます。これらも立派なおまとめローンによるメリットだといえます。

 

一本化したい場合は消費者金融の利用も

どうしても一本化したい場合、銀行ではなく消費者金融を利用する手があります。消費者金融ではおまとめローン専用のローンを提供している場合に限りますが、審査が厳しい銀行より一本化できる可能性が高いといえます。ですが消費者金融はおまとめローンでも銀行より金利が高いことがほとんどです。

 

返済期間が長くなる高額の借り入れではその金利の差で支払い総額が結構違ってくることがあります。できれば銀行のカードローンを利用しておまとめローンにしたいと考えているかも知れませんが、銀行では一本化できる金額の審査に通らなかった場合は、消費者金融のおまとめローンの利用も考えてみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日