即日キャッシングは自営業者と新入社員ではどちらが有利?

即日キャッシングを希望する場合、自営業者と新入社員では、新入社員の方が有利です。もちろん信用情報に問題があるような場合は別ですが、基本的に新入社員の方が借り入れを行える可能性が高いといえます。

 

自営業者の場合はまずはその事業の継続年数、そして信用情報次第です。その事業を長年行っていて、これまでに借り入れの返済をきちんと行っていた場合などはそれが評価になり、審査を通過できる可能性が高くなります。

 

このようにどちらの場合でも即日キャッシングは条件次第で可能ですが、やはり安定して定期的な収入があると判断できる新入社員の方が有利だといえるでしょう。

 

最短審査の申込みならココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

新入社員が審査を通過できる条件とは

これは、まずは正社員であることが一番です。契約社員や派遣社員の場合でもキャッシングの利用は可能ですが、正社員と比べた場合、どうしても職業的に評価が落ちることは否めません。また有名企業に勤務している場合はそれも評価に繋がります。誰でも名前を知っているような大手企業の場合はもちろんですが、そうでなくてもその地元では有名な企業の場合はそれが評価になることがあります。

 

勤務先と本人の返済能力はあまり関係がないように思われるかも知れませんが、しっかりとした勤務先の場合はまず倒産するようなことは考えられないので、収入がなくなることで貸し倒れになるリスクが低いと考えることができます。またそのような企業に勤められるということは、本人にそれなりの実力があるということです。このような点を評価していると思ってください。

 

一番有利なのは公務員です

有名企業に勤務する会社員より、もっと評価が高いのが公務員です。公務員はキャッシングの世界では一番貸し出しを行いたい顧客だといえます。まず勤務先が倒産することがありません。そして景気に左右されず比較的安定した定期的な収入があります。この収入の安定性がキャッシングの審査では一番のポイントになります。公務員であれば、勤務を初めてからまだ期間が短い場合でも、問題なく審査を通ることが多いです。それだけキャッシングを利用する人の職業としては信用があるということです。

 

新入社員の場合は収入が判断材料です

また勤続期間が短い新入社員の場合、収入が多いほど審査に通る可能性が高いです。もちろんまだ入社したてなので、それほど多い額をもらっていることはないと思いますが、月給にして少しでも多いほど有利になります。これはもちろん収入が多いほど返済のために回せる額も多くなると判断できるからです。

 

自営業者が審査を通過できる条件とは

自営業者や経営者は、キャッシングの審査ではそれだけで不利になることが多いです。それは安定した収入があるとはいえない職業だからです。そのため、その事業の継続年数が大事になります。何年もその事業を続けているということは、それだけ収入的に安定していると判断できるからです。会社員や公務員の場合でも、この事業の継続年数に当たる勤続期間が審査では大事になりますが、それ以上に自営業者の場合はこの事業を続けている期間が重要視されるということです。

 

もちろん年収次第なところがあります

自営業者でも、収入が圧倒的に多いような場合は審査を通過できる可能性が高くなります。例えば年収が1000万円ある場合、50万円程度の借り入れは全く問題なく行えます。継続年数も大事ですが、年収が多い場合はそれほど問題にならないということです。

 

会社員や公務員の場合は勤続期間が長ければ、収入は総量規制に引っ掛からない限りそれほど問題にはなりませんが、自営業者の場合は収入でカバーできる面が大きいということです。キャッシングの審査で判断されるのは、貸し出したお金をきちんと返済できる人かどうかです。そのためには返済に必要な安定した収入があることが一番で、その判断に今の職業を続けている年数や、毎月の収入の額が大切になるということです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日